TOP建築士会全国大会第53回建築士会全国大会「佐賀大会」のご案内第53回建築士会全国大会 佐賀大会を顧みて

被災された会員の皆様へのお見舞いと全国大会中止のお知らせ

第53回建築士会全国大会 佐賀大会を顧みて

会誌「建築士」2011.2月号掲載

本告勘三郎

本 告 勘 三 郎
Kanzaburo Motoori
第53回建築士会全国大会 「佐賀大会」実行委員長
(社)佐賀県建築士会会長

爽やかな秋晴れの天候に恵まれ、「第53回建築士会全国大会佐賀大会」を無事、滞りなく終了することができました。これもひとえに、連合会をはじめ関係各位の皆様のご理解とご支援、さらには、適切な指導、助言をいただきました賜と会員一同心より深く感謝申し上げます。有難うございました。

大会には、各界よりのご来賓の皆様のご臨席と全国各地から多くの建築士の皆様のご参加をいただきました。また、地元の一般市民、建築を志す学生等を含め約3,600余名の参加者を得て、盛会裡に開催することができました。

佐賀県での開催は初めての大会でありましたが、皆様の心に残る大会となるよう会員一同一丸となって準備に取り組んだところであります。 佐賀大会は「多彩な自然と文化が育むさがの地に学ぶ~未来につなぐ人の絆と建築士の役割~」を大会テーマとして、多様な資源に育まれた豊かな文化と歴史的資産や人の絆にふれていただく思いを込め、これからの建築士のあり方を考え、語らい、佐賀から発信する大会にしたいという願いを込めておりました。

大会当日の情況、内容の詳細については各部会からの報告に委ねるといたしますが、その中でセッションA・Bでは、中心街の空洞化が全国共通の悩みとなっているなか「まちなかの魅力再生」について、地方都市におけるまちづくりなどのあり方を市民と共に考え、全国から参加の皆さんと密度の高い意見交換ができたのではないかと思っております。

また、地域交流見学会では佐賀をもっと知っていただく願いを込め、会員が厳選した佐賀の魅力がつまったコースに多くの皆様が参加していただき、思う存分、見て、食べて、楽しんで、皆様の良き思い出になったのではないかと思っております。 ここに、全国からご参加いただきました皆様の温かいご支援、ご協力に対しまして、改めまして深く感謝とお礼を申し上げます。そして、またの機会にぜひ佐賀にお越しいただけることを願っております。

最後になりましたが、大変厳しい社会経済状況のなか、物心両面でのご支援をいただきました関係各位に感謝とお礼を申し上げます、次回開催されます「第54回大阪大会」のご成功と、建築士会の発展、会員の皆様のご活躍、ご健勝を心よりお祈り申し上げます。


■会誌「建築士」2010.5月号掲載「佐賀大会のご案内」へ