TOP会誌「建築士」

会誌「建築士」

会誌「建築士」は、都道府県建築士会の連合体である日本建築士会連合会の会報誌として、毎回、思考を凝らした特集や建築界のニュース、連載講座、建築士会の活動、評論、法律、環境 ・都市計画、設計、技術積算、材料、 設備等の解説や、随筆、書評等を掲載しております。本誌の読者は、 一級・二級・木造建築士の資格をもった建築士会会員で、その数は全国で 10万余名を擁しております。発行部数は、建築界では最高の部数で、 会員は47 都道府県にくまなく分布しており 、全国配布の媒体誌としての価値も高く評価されております。

名称:会誌「建築士」
発行:(公社)日本建(築士会連合会
体裁:A4判(56頁)

◆連載講座とCPD単位取得

会誌「建築士」掲載の連載講座をお読みいただき、その設問に答えることで、CPD単位を取得することが可能となります(建築士会会員のみ)。

連載講座(過去の掲載分)


◆「北から南から」

まちづくり・研修会・交流会、防災・市民活動、ユニークな活動など、様々な建築士が参加する活動を全国からお寄せいただき、掲載しています。建築士会会員であれば、どなたでもご投稿していただけます。文字数:817字、写真、プロフィールなどをお送りください。

宛先:kaishi@kenchikushikai.or.jp


建築士 KENCHIKUSHI 2016年11月号 Vol.65 No.770 CONTENTS

01 隣国からの建築便り

第11回: 漢江仙遊島公園
建築家趙成龍の「痕跡の百柱間」   冨井正憲

02 オピニオン

都市の木質化   松岡拓公雄
地域に根ざす   寺尾信子
建築士は社会からどう見られているか   柴田道夫
図面というもの、あるいはディテール   喜多主税

06 北から南から

 [千葉] 「建築士の日」in 千葉   鵜沢香織
[富山] 異業種交流事業を通じて   小澤高夫
[福井] 住教育出前授業「木の授業」   辻 明子
[大分] これからの建築士を考える   伊藤憲吾

06 この人に聞く

第95回: 明治村50周年を迎え、歴史・建築学者の眼で新たな検証を行う
中川 武 〔 博物館明治村 館長、早稲田大学 名誉教授 〕

10 旅から旅絵

第35回: オールド・チェスター   丸岡晟二

11 特集 気候風土に根ざした木造建築の継承

・特集に寄せて   三井所清典

・特集のことば    グローバルな時代の地域の建築文化の創造   北尾靖雅

・建築物省エネ法における「気候風土適応住宅」   福井武夫

・「気候風土に適応する建築・住宅の概念」とは   鈴木大隆

・省エネ住宅の取り組みと認定指針の策定に向けた課題と対応 京都市の場合   岡田圭司

・各単位士会に望む、地域の住宅文化の再検討   中村 勉

・施行者からみた認定に関する課題と対応   綾部孝司

・気候風土適応住宅の認定に関する課題と対応 建築士会連合会環境部会の活動から   篠 節子

・熊本県建築士会における2020年問題   古川 保

36 CPD講座

「世界の助け合い」から学ぼう  第5回 各国のコーポラティブハウスの歴史と近況   丁 志映

40 CPD講座

木の燃焼と防耐火 第4回 木材をあらわして使う 一戸建て住宅編   安井 昇

44 第45回 会員作品展応募要項

45 News Clip

48 Book Review

「高宮眞介 建築史意匠講義 西洋の建築家100人とその作品を巡る  高宮眞介・飯田善彦著」 神子久忠
「<住宅>の歴史社会学  祐成保志著」 井出 建
「建築づくり 発注者と建築士たちの協働  峰政克義著」 北尾靖雅
「人が集まる建築  環境xデザインxこどもの研究  仙田 満著」 神子久忠

50 第20回 定例理事会

55 イベント&新製品