TOP > 建築関連情報 > 建築技術等情報データベース施工段階におけるBIMの展開事例

番号:【2013.09-012】

情報:施工段階におけるBIMの展開事例
発信:建築技術等部会 浦江真人(東洋大学)

鹿島建設では、施工部門が主体となってBIMを展開している。現時点での主な活用内容は、最終的な完成イメージのデジタルモックアップの作成や、建築と設備の3Dデータの重ね合わせによる干渉チェックや総合調整、平面詳細図などの施工図作成などである。

よりBIM適用の効果を高めるため、「モノ決め」に支援にとどまらず、施工現場での生産性を高めるため、施工計画・管理でのBIMの属性情報の活用事例について紹介されている。

具体的には、基礎鉄筋の納まりなどの複雑な納まり検討における属性情報の活用、PCa工事における進捗管理、部材管理表、ICタグシステムなどの一元管理、建方計画・管理システム、揚重検討、3D建方ステップ図などである。

出典:建築技術2013年9月号 「連載 新時代を拓く最新施工技術(第47回)」
著者:山越広志+伊藤一宏+吉田知洋(鹿島建設)
監修:日本建築学会 建築社会システム委員会 建築生産小委員会

(株)建築技術     これまでの連載リスト