公益社団法人 日本建築士会連合会
TOP PAGE >> 構造設計一級建築士・設備設計一級建築士 >> 建築士証再交付申請

再交付申請

建築士証を汚損、もしくは亡失した場合は、遅滞なく以下の書類を、現在お住まいの都道府県建築士会へ申請者本人が届け出てください。

 

建築士証をお持ちの方で、一級建築士登録事項の変更がある方は、一級建築士登録事項変更届・書換え交付申請及び構造設計・設備設計一級建築士証書換え交付申請を同時に提出して下さい。

(1)必要書類

  申請書等名 注意事項
1 構造設計・設備設計一級建築士証再交付申請書 書式PDF)(コンピュータ記入用PDF)(記入例

※建築士証の記載事項(氏名・氏名字体等)に変更が生じた場合は、「一級建築士登録事項変更に伴う書換え交付申請」及び、一級建築士の「登録事項変更届・書換え交付」を申請し、記載事項が修正されてから建築士証の「再交付」を申請してください。(同時申請も可能です。)
2 一級建築士住所等の届出〔B〕 書式PDF)(記入例) 《都道府県コード国名コード
※1.申請書と2.住所等の届出〔B〕に記入する氏名漢字の字体(新字、旧字など)は必ず統一してください。
3 構造設計・設備設計一級建築士証の原本写し ・原本は提示のみ
・亡失は除く
4 証明写真2枚 ・縦45mm×横35mm
・無帽・無背景・正面上3分身
・2枚同じ写真
・6ヶ月以内に撮影したもの
※1.申請書と2.住所等の届出〔B〕に貼付してください。
※詳細・注意事項はこちらをご覧ください。
5 申請手数料払込受付証明書
〔政令第186号一の2〕
5,900円(記入例
※必ず申請者名で払い込んでください。
※領収日付印のある「払込受付証明書」の原本を申請書に貼付してください。
※詳細・注意事項はこちらをご覧ください。
6 本人確認ができる公的な身分証明書(原本)
(確認のため用意して下さい。)
<1点でよい書類>運転免許証、パスポート、写真付き住民基本台帳カード、宅地建物取引主任者証等

<2点必要な書類(AとBから1点づつ又はAから2点)>
・健康保険・国民健康保険・共済組合員証 ・国民年金、厚生年金、共済年金手帳(証書)等

・会社等の身分証明書(写真付きのもの)等

※上記以外の書類はこちらをご覧下さい
7 法定講習受講修了証の原本写し 法定講習受講履歴の記載を希望する方のみが対象です。
・原本は提示のみ(窓口への提示が必要)
・法定講習受講履歴の記載を希望する方は、修了した法定講習をすべて記載し、講習別に記載の有無を選択することはできません。

※提出時には、印鑑(認印可)をお持ちください。

(2)申請書提出先

現在お住まいの都道府県建築士会へ申請者本人が持参してください。
都道府県建築士会所在地一覧(提出先建築士会の受付日時等を必ず確認してください)

◆注意◆

・郵送やメール等での申請は、受け付けておりません。
・書類不備、添付書類不足等の場合は、受け付けできません。
・代理人による申請はこちらをご覧ください。

(3)申請受付期間

随時受け付けます。

(4)標準処理期間

申請書の提出から交付まで1ヶ月~2ヶ月程度かかります。

(5)建築士証の交付

建築士証ができましたら、その旨をハガキで通知します。
建築士証は、申請された都道府県建築士会で交付されます。
交付の際は、お手元にある構造設計・設備設計一級建築士証の原本をお持ちください。新しい建築士証と引き換えになりますのでお忘れになりますとお渡しできません。ご注意ください。

◆受理時に必要なもの◆

構造設計・設備設計一級建築士証(原本)(亡失は除く)
・交付通知ハガキ
・印鑑(認印可)

代理人による受理はこちらをご覧ください。

最新バージョンのAdobe Readerのダウンロード 最新バージョンのAdobe Readerのダウンロード
一級建築士 構造・設備設一級建築士 一級建築士名簿の閲覧 その他

TOP PAGE | 一級建築士の手続き案内 | 構造設計・設備設計一級建築士の手続き案内 | 一級建築士名簿の閲覧について | サイトマップ | お問合せ
Copy Right Japan Federation of Architects & Building Engineers Association