日本にお住まいの外国籍の方へ 「中央指定登録機関 (公社)日本建築士会連合会」

 

 

公益社団法人 日本建築士会連合会
TOP PAGE >> 住民票の写し(国籍の記載を含む)

日本にお住まいの外国籍の方へ

住民票の写し(国籍の記載を含む)」(原本)について

平成24年7月9日より、「戸籍謄(抄)本」を必要書類としている一級建築士の手続きにおいて、外国籍の方は、住所地の市区町村で発行している「住民票の写し(国籍の記載を含む)」(原本・6ヶ月以内に発行されたもの)が必要書類となりました。

<ご注意>
市区町村の発行した「住民票の写し」の複写、または「在留カード」及び「特別永住者カード」の複写では申請を受付けられません。

<従来の必要書類>
従来、「戸籍謄(抄)本」を必要書類としている一級建築士の手続きにおいて、外国籍の方は「外国人登録原票写し」または「外国人原票記載事項証明書」の原本を提出いただいておりました。

登録事項変更届・書換え交付申請をされる方へ

姓名等の登録事項を変更される方は、変更前と変更後の内容を確認できる書類(原本・6ヶ月以内に発行されたもの)が必要です。

変更後:「住民票の写し(国籍の記載を含む)」
変更前:変更を証明する書類(変更前の内容が記載されている書類)
 ・「住民票(除票)の写し」
 ・「外国人登録原票の写し」(詳細は法務省ホームページをご覧下さい) など

 

新しい制度について

新しい在留管理制度により、日本にお住まいの外国籍の方は住民基本台帳法の対象となり、市区町村において「住民票」が作成され、これに伴い「外国人登録原票」が廃止になります。

詳しくは、以下のホームページをご覧ください。
法務省入国管理局 (在留管理制度、特別永住者制度)
総務省 (住民基本台帳制度)

一級建築士 構造・設備設一級建築士 一級建築士名簿の閲覧 その他

TOP PAGE | 一級建築士の手続き案内 | 構造設計・設備設計一級建築士の手続き案内 | 一級建築士名簿の閲覧について | サイトマップ | お問合せ
Copy Right Japan Federation of Architects & Building Engineers Association