TOP > 建築関連情報 > 「建築士法の一部を改正する法律案」の成立について

「建築士法の一部を改正する法律案」の成立について

平成26年6月20日、参議院本会議におきまして「建築士法の一部を改正する法律案」が全出席議員(239名)の賛成により可決、成立されました。

詳細は以下を参照下さい。

建築士法の一部を改正する法律案 概要(PDF)

建築士法の一部を改正する法律案 新旧対照表(PDF)


建築士法の一部を改正する法律案の可決成立に伴う建築設計三会による共同記者会見を開催

(公社)日本建築士会連合会(会長:三井所清典)、(一社)日本建築士事務所協会連合会(会長:三栖邦博)、(公社)日本建築家協会(芦原太郎)の建築設計三会は、6月23日、銀座東武ホテルにおいて、6月20日に参議院本会議で建築士法の一部を改正する法律案が可決成立したことを受け、建築設計三会の会長による共同記者会見を開催しました。

三会が合意したことにより実現できたこと、また、法施行に向け、その内容について会員等への周知の努力をし、法改正を実効あるものにしたい旨の意思が表明されました。