TOP > 建築関連情報 > 地域に根ざした建築士からの提言と実践

山本長水(やまもと ひさみ)

山本長水建築設計事務所

建築家。1959年日本大学旧工学部建築学科卒業、市浦建築設計事務所に勤務。1964年故郷高知に戻り、猪野工務店勤務を経て、1966年山本長水建築設計事務所設立。2001年高知工科大学客員教授。主な作品は、高知県立美術館(共同設計)、高知県立中芸高校格技場(1999年日本建築学会賞)、稱名寺本堂など多数。四国を中心に「土佐派の家」という高知独特の建築文化活動を展開している。