「住まい・まちづくり担い手事業」&「建築基準整備促進補助事業」合同の調査研究活動報告会開催のお知らせ

CPD制度は、CPD制度は専攻建築士の必要条件です

社団法人 日本建築士会連合会 日本建築士会連合会へのアクセス
TOP PAGE >> 新着情報 >> 「住まい・まちづくり担い手事業」&「建築基準整備促進補助事業」合同の調査研究活動報告会開催のお知らせ

「住まい・まちづくり担い手事業」&「建築基準整備促進補助事業」合同の調査研究活動報告会

日本建築士会連合会では、一般社団法人住まい・まちづくり担い手支援機構及び国土交通省の助成を受けて、平成21年度の調査研究事業を実施いたしました。その調査研究活動の成果を広く建築士会員等に普及することを目的に「調査研究活動報告会」を開催いたします。
「住まい・まちづくり担い手事業」では、公共事業や民間事業によるまち再生の困難な地域でも市民が主体となってまち再生を行える「地域社会開発事業(ソーシャルビジネス)」を導入、それらの3つの事業セクター連携の事業総体を総合的まち再生事業と捉え、事業計画の策定にも取り組む職能者建築士の役割も視野に入れつつ、それらのスキームについて提案・検証しました。
「建築基準整備促進補助事業」では、生活者の視点に立った<生活(くらし)>づくりの視点から、地域社会の人々が望む健康で文化的なくらしを保証する建築として実現するための方法として、質の高い公共空間を作り出す作法として、「生活者」の立場に立った<発見型ワークショップ>という概念を提案し、施設づくりワークショップの具体的な作法について提案しました。
関心のある建築士の方々の参加をお待ちしております。奮ってご参加下さい。

開催日時

2010年6月12日(土)13:30~16:30

開催場所

(社)日本建築学会会議室 3階 301会議室
東京都港区芝5-26-20 建築会館3階 (℡連合会事務局03-3456-2061)
JR線「田町駅」三田口下車徒歩4分、都営地下鉄「三田駅」A3出口下車徒歩3分


募集人員:50人

参 加 費:無料

プログラム(予定) CPD3単位

【第一部】13:30~15:00

平成21年度「住まい・まちづくり担い手事業」活動報告(30分×2)
事業名:「総合的まち再生事業の要となる新たな「地域社会開発事業」スキームの提案と職能者建築士の果たす役割」
講 師:川原  晋 首都大学東京 都市環境学部自然・文化ツーリズムコース 准教授
     岡田 昭人 早稲田大学都市・地域研究所 客員研究員
質疑応答:30分

【第二部】15:15~16:30

平成21年度「建築基準整備促進補助金事業」活動報告(40分×1)
事業名:「生活者参加による質の高い建築づくりのための実践的作法研究「くらしづくり」の質を高める発見型ワークショップ」
講 師: 伊藤 雅春 愛知学泉大学 コミュニティ政策学部 教授
質疑応答:30分

お問い合わせ・申し込み先

〒108-0014 東京都港区芝5-26-20 建築会館5階  (社)日本建築士会連合会  担当 秦
TEL 03-3456-2061 FAX 03-3456-2067  E-mail:chiiki@kenchikushikai.or.jp
※ 申込締切日 2010年6月4日(金)/定員になり次第締め切ります。

合同の調査研究活動報告会 参加申込書

合同の調査研究活動報告会 参加申込書
建築士関連制度
CPD制度
専攻建築士
活動
資料
建築士の保険制度
Link

Copyright © 2008 Japan Federation of Architects & Building Engineers Association. All Rights Reserved.