建築士会CPD制度の参加方法

CPD制度は、CPD制度は専攻建築士の必要条件です

社団法人 日本建築士会連合会 日本建築士会連合会へのアクセス
TOP PAGE >> CPD制度 >> 建築士会CPD制度の参加方法

建築士会CPD制度の参加方法

建築士会CPD制度に参加を希望する建築士等は、建築士会で所定の手続と所定の費用を納めて参加登録をします。

(1) 参加登録申込先建築士会

会員の場合 所属建築士会
会員外の場合 勤務先所在地または住所地の建築士会

(2) 参加申込書

建築士会で定める申込書に必要事項を記入の上、建築士会の定める費用を添えて申し込みます。

(3) CPDカード作成申込書

建築士会で定める申込書に必要事項を記入の上、建築士会の定める費用を添えて申し込みます。

(4) 費用

※金額は、各建築士会が設定します。

費用 内容 会員 非会員
①初期登録費 サーバーに個人履歴を蓄積可能とするための設定費です。
参加初年度に限りかかる費用です。
0円 1000円~2000円程度
初回のみ
②データ登録・管理費 研修プログラムの出席データの登録およびそれらの履歴を適正に管理するための費用です。
毎年1回必要となります。
500円~2000円程度/1年分 2500円~10000円程度/1年分
③CPDカード発行費 研修プログラムにおける出席データ登録のために必要なCPDカードの1枚あたりの作成費用です。
原則1人1枚の発行です。
1000円程度/1枚 1500円程度/1枚
④CPD実績証明書発行費 個人履歴に基づき、証明書の交付を受けるための1通あたりの費用です。 500円程度/1通 1000円程度/1通
⑤事後申請データ登録費 CPDプログラムの認定は、事前認定が原則ですが、特例として建築士会が認める場合に、個人の申告によりCPD単位を申請し、単位認定を受けるための費用です。
1申請1プログラム当たりの費用となります。
500円程度/1申請1プログラム 1500円程度/1申請1プログラム
⑥建築CPD情報提供制度利用費 建築CPD情報提供制度(事務局:(財)建築技術教育普及センター)の活用を希望する場合にかかる費用です。
毎年1回必要となります。
500円程度/年 500円程度/年
建築士会CPD制度参加登録申込書(雛形)
建築士会CPDカード作成用 情報記入・登録様式
建築士関連制度
CPD制度
専攻建築士
活動
資料
建築士の保険制度
Link

Copyright © 2008 Japan Federation of Architects & Building Engineers Association. All Rights Reserved.