建築士会CPD単位の取得方法

CPD制度は、CPD制度は専攻建築士の必要条件です

社団法人 日本建築士会連合会 日本建築士会連合会へのアクセス
TOP PAGE >> CPD制度 >> 建築士会CPD単位の取得方法

1-2 システムの変更

(1) 講習会等に参加した場合

建築士会等が認定した研修プログラムに参加すると、出席記録をCPD単位として登録されます。 基本は、CPD単位登録に必要となるCPD番号と氏名等に関するデータが入ったCPDカードを使用します。

① 研修プログラム参加時に会場等に設置されたカードリーダーに個人ID(建築士登録番号ほか)の入った「CPDカード」を当てます。
これによる出席記録を、建築士会事務局がデータ化してサーバーに登録します。

② 開催規模の小さい研修の場合、建築士会が別途データを作成して登録する場合もあります。

③ また、プロバイダーによっては、講習会受講申込時に予め「CPD番号または建築士番号と氏名」の記入を求める場合があります。 この場合は、プロバイダーが受講申込名簿から当日の欠席者を除いて出席者リストを作成し、後日、建築士会がサーバーに登録します。

④ CPDカードを忘れた場合には、当日、会場に用意された手書き記入用名簿にCPD番号とカナ氏名を記入してください。
なお、手書き記入に誤りがあった場合には、データ登録はできませんので、正確に記入してください。

データ登録の流れ

(2) 講習会等の講師の場合

建築士会認定プログラムである講習会等の講師としての活動をCPD単位とする場合、プロバイダーが出席者リストの講師欄にCPD番号とカナ氏名を記入します。

(3) 認定教材の場合

連載講座等の認定教材の履修登録は、教材で学習後に誌上に掲載される設問への解答をCPD参加者がネット上の専用画面(建築士会CPDシステム・参加者用画面)で入力し、正解の場合に建築士会(事務局)がCPD単位として登録します。
システムの使用には、所定のURLからシステムにログインして行います。

(4) 取得単位の確認方法

建築士会CPDシステム・参加者用画面にログインして確認ができます。

2-3 他団体CPD制度とのデータの交換

本会とCPD制度で連携し、概ね同じ認定基準でCPDを行い、ほぼ同仕様のシステムを運用しているJIA(日本建築士家協会)等とはデータの交換が可能となります。
したがって、建築士会で認定した研修プログラムの出席データは、JIAへも自動的に提出され、一方、JIA等の認定プログラムに出席した場合も、それらの団体から建築士会へ出席データが送られ、建築士会に登録されます。
また、希望により、建築CPD情報提供制度(事務局:(財)建築技術教育普及センター)へもCPD履歴データを送り、同制度を活用することも可能です。

表 建築士会CPD制度に登録できるCPD単位

CPD単位登録先
参加プログラム
建築士会
JIA
情報適用制度
建築士会認定プログラム

(法定講習・認定教材を除く)
JIA認定プログラム

(自習・委員会を除く)

(法定講習・認定教材・自習・委員会を除く)
情報提供制度認定プログラム

出席者名簿(見本)

建築士関連制度
CPD制度
専攻建築士
活動
資料
建築士の保険制度
Link

Copyright © 2008 Japan Federation of Architects & Building Engineers Association. All Rights Reserved.