TOP建築士会の方へNEW免許証の提示義務に伴い、携帯可能なカード型の免許証明書が発行されます

7.免許証の提示義務に伴い、携帯可能なカード型の免許証明書が発行されます。

建築士等に対する罰則が強化されています。(建築基準法第98条~第106条、建築士法第35条等)

構造規定違反等の重大な違反について最高三年以下の懲役または三百万円以下の罰金を科せられます。違反者が法人である場合の罰金の額は最高1億円となりました。

委託者(建築主等)への説明責任 (建築士法第18条第2項)

建築士は、委託者に対し、設計の内容に関して適切な説明を行うように務めなければなりません。

処分を受けた建築士の氏名の公表 (建築士法第10条第5項)

建築士の名義貸しの禁止(建築士法第21条の2)

名義貸しは、資格制度を実質的に形骸化させる悪質な行為であり、従来は不誠実行為として行政処分の対象でありましたが、法律上、明文的な禁止規定はありませんでした。今回の法改正では、明確な禁止規定がおかれ、違反した場合は行政処分のみならず罰則(一年以下の懲役または百万円以下の罰金)が摘要されることとなりました。

違反する行為について指示したり、相談に応じてはいけません。(建築士法第21条の3)